iPhone8

iPhone8って、どんな機種?

iPhone8は、 2017(H29)年9月22日に販売されました。昨年モデル同様、5.5インチのPlusシリーズiPhones8 Plusも同時に販売されています。

このモデルのディスプレイサイズは、iPhone7/7 Plusと比べてほとんど変わりはありませんが、ワイヤレス充電への対応に伴って背面がガラスパネルへと変わっています。
iPhone8の最小ストレージは、過去最大の64GBで、32GBのストレージは姿を消しました。そのため販売当時の最安価格をiPhone7と比べると、iPhone8のほうがiPhone7よりも少し高くなりますが、そのストレージ分だと認識しています。

iPhone 8から『True Tone』という新機能が加わりました。True Toneは、周囲の光によるディスプレイの見え方の違いを抑える機能です。簡単に言うと、野外の日光の”光”と、室内の蛍光灯の”光”は、同じ”光”でも色合いが違うので、iPhoneの見え方にも多少の誤差を感じます。その差をiPhoneが自動で調整を行い、見え方を人間が普段感じる一定の色合いに近づけてくれる機能です。少し画面が黄色がかった色味で目に優しい色合いになります。このTrue Toneという機能は、画面の修理を行うと利用できなくなってしまう修理店もありますが、スママモならTrue Toneの機能を引き継ぐことが可能ですので、安心してご依頼ください!

iPhone7、iPhone8、iPhoneSE(第2世代)の見分け方

iPhone7とiPhone8を、見た目で判断するのに簡単な見分け方。
それは、背面がガラスパネルかどうかで判断可能で、ガラスパネルでならiPhone8です。
2020年4月16日に発売されたiPhoneSE(第2世代)との見分け方は、Apple社のロゴマークである🍎のマークの位置が中心よりも少し上ならiPhone8、中心にあればiPhoneSE(第2世代)となります。

修理価格

お使いのiPhone8が故障した、調子がおかしいと思ったら、スママモ甲府昭和店にお任せください!
バッテリーの交換、ガラス割れ、ディスプレイ破損、タッチ不良、カメラやスピーカーの故障、水没など、ほとんどの修理が即日対応でご利用いただけます!
修理時間も最短15分のスピード解決。大切なデータも消さずに、今までと変わらない使用感でお使いいただけます。
予約不要・相談見積もりも無料です。お気軽にご来店・お問い合わせください!

修理価格を今すぐ確認!